岡崎市明大寺町の川島小児科 水野医院のページ

肺炎球菌の予防接種について

  • HOME »
  • 肺炎球菌の予防接種について

肺炎球菌ワクチン(PCV13)は髄膜炎や菌血症、肺炎、中耳炎などをおこす肺炎球菌の感染を予防するワクチンです。2013年11月から従来の7価ワクチン(7種類の肺炎球菌に予防効果がある)から13価ワクチン(13種類の肺炎球菌に予防効果がある)に切り替わりました。乳幼児が肺炎球菌による髄膜炎になると10~30%が死亡し、30%で後遺症が残ります。このワクチンは安全性も高く有効なワクチンです。
平成25年度から岡崎市でも定期接種となりました。生後2カ月から接種可能ですので早めに接種を受けて下さい。

接種開始時期と接種間隔

生後2ヶ月以上7ヶ月未満  1回目 生後 2ヶ月から  3種混合ワクチンやHibワクチンと
同時接種できます
 2回目  4週あけて
 3回目  4週あけて
 追加接種  1歳~1歳3ヶ月の間

 

 7ヶ月以上、1歳未満  1回目
 2回目  4週あけて
 追加接種  2回目より2カ月以上あけて1歳すぎたら

 

 1歳以上2歳未満  1回目
 2回目  60日間あけて
2歳以上5歳未満  1回だけ接種します

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0564-21-0339 9:00〜12:00,15:00〜18:00、水,日,祝日休診

PAGETOP
Copyright © 医療法人 川島小児科 水野医院 All Rights Reserved.